整理収納サービスモニター様レポ, ブログ

ルームデザインサービス ビフォーアフター 【モニターM様編】

モニターM様にトライアルプランに引き続きルームデザインサービスの5時間コースを体験していただきました!


スポンサーリンク


リビングから続くDENを主に子ども部屋として利用したいとのこと。お子様は幼稚園の年中さんの女の子と2歳の男の子なので、まだまだ個室は必要なく、母親が家事をしながらでも目が届く場所に子ども部屋を設定するのは動線的にとても良いです。

ではまずはビフォーから。
この部屋には「造り付けのクローゼット」「本棚(大)」「本棚(小)「おもちゃ棚」「電話台(粗大ゴミ)」「ダイニングチェア2脚」「衣装ケース(大)2個」が置かれています。

m-m05
①本棚(大)
大人の本と子供の本が混ざって入っていました。また、特にこの場所に必要でない雑多なモノも多く入っています。大人の本でよく読む本はキッチン横にある収納に移動、子供の本は隣にある棚に入れることにし、雑多なモノで必要のないものは処分。そしてそもそもこの本棚自体が今この場所に必要なものではないので、2階の将来こども部屋になる予定の部屋に移動することを提案しました。その部屋で頻繁に読むことはないけれど取っておきたい本を収納する用に使います。

②おもちゃ収納用に購入した棚とのことで、現在はこどものおもちゃと雑多なモノが入り交じっている状態です。③の場所にはクリスマスの飾りが置かれていました。クリスマス用品など1年のうち使う期間がごく限られているモノは例えば押入の天袋など普段の生活とはまったく関係のない場所に置くようにします。今回はDENにあるクローゼットの1番上の棚に置くようにしました。

④はご主人のバッグなのですが、もう何年も殆ど使っていないとのこと。何年も使われていないモノは処分の対象になりますが、奥様の話ではご主人がまだ使うと言っているとのことでしたので無理に処分することはしません。ですがこの場所にある必要はないので2階の今は使っていない部屋にあるクローゼットの中に移動しました。

⑤はミシンです。ミシンを使う時はダイニングテーブルの上でするとのことでしたので、ダイニングテーブルに近いキッチン横にある収納に移動しました。

⑥幼稚園からもらったお子様の作品が封筒に入れてまとめてありました。こういった思い出系のものは「思い出ボックス」を作ってそちらに収納していきます。ヒバリ舎では思い出ボックスにフェローズのバンカーズボックスを使用することが多いです。理由として、耐荷重が30kgであること、5段まで重ねられること、見た目もシンプルでインテリア性も高いことなどがあげられます。(※デザインを似せただけのボックスが安く売っていますが耐久性の面からヒバリ舎ではオススメしていません。)


フェローズ バンカーズボックス 703ボックス A4ファイル用 黒 3枚パック 対荷重30kg

⑦お家を購入した時にもらえるメンテナンスセットです。とても大きいボックスなのですが中を見たらスカスカでした。中身の内容はドライバーセットや床の補修キット、後はお庭の木の剪定セットです。このうちお庭で使うモノは玄関にあるシューズクロークに移動、ドライバーと床の補修キットは小さい箱に入れ替えました。大きなボックスは現時点では特に必要ないのですが、将来的にDIYを始めたくなった時には電動工具などを入れるのに良いので、屋根裏収納の方で保管するようにしました。

⑧はシュレッダーです。まったく使われていないとのことでしたが、それはこの位置にあるから。シュレッダーを使う場所はダイニングテーブルだと思うのでダイニングテーブルの側に移動させました。

m-m06
⑨このケースにはアルバムなどいわゆる思い出の品が入っていました。これはまったく普段の生活には関係の無いものですので2階の使っていない部屋のクローゼットで保管するようにしました。

⑩片付け本を参考に買われたケース類です。他にもIKEAのVARIERAボックスが大きいのと小さいので相当数ありました。何を入れるかをきちんと決めないで先に収納ケースを買ってしまうと、うまく収納できなくなってしまいます。片付け本を参考に収納ケースを購入する場合は、自分の家では何を入れるのかをよく考えてから購入するようにしましょう。

全体的にここに無くても良いモノが多いことがわかります。それらを適切な場所に移動、もしくは処分していくことでこの部屋が必要なものだけがある機能的な部屋に変わります。

さて、今回はDENにあるクローゼット内を集中して片付けましたのでそちらの画像をご覧下さい。

m-m07

m-m08

本棚の横にあったおもちゃ棚を絵本とおもちゃのみを収納する棚として使用し、クローゼット内に入れました。この棚を入れるためにクローゼットの棚板の間隔を調整しています。どこの家でも既存のクローゼットの棚板の間隔は大概が開きすぎているので、棚板を追加(ホームセンターやネット通販で木材を購入し、自宅の棚板と同じサイズにカットしてもらえばOK)することで収納力をアップさせることが多いのですが、今回はおもちゃ棚を入れることで棚板がバランス良く等間隔に配置できました。おもちゃ棚で使っている白いケースは、家の中のあちこちに散らばっていたので戻して来ました。もともとこの棚で使う予定で購入したそうなので横幅もピッタリときれいに入っています。このケースにはラベルを貼る予定です。そうすることでお子様でも簡単に元に戻せる仕組みを作ります。おもちゃ棚の横にはスチールラックを購入して入れてもらうように提案してます。ここには習い事の教材を入れていく予定です。1番上の段にはお雛様とツリーが入ります。上から2段目と3段目にはIKEAのVARIERAボックスを追加で購入してもらい、今は一時置きされているモノを種類毎に分けて入れていく予定です。

5時間ですとだいたいこのくらいの作業が完了します。DENで床に出しっぱなしになっていたモノは全て無くなったのですが、写真を取り忘れてしまいました。。。後でM様から写真を送ってもらうようにお願いしてみますね!(※送っていただきました!)

<3月20日追記>
m-ba2最初は床にたくさんのモノが置いてありましたが、殆どのモノの定位置が決まり各所に収まりました。右側にある電話台が粗大ゴミなのでこれが無くなると更にスッキリすると思います!これくらいキレイになっていると何かを置きっぱなしにしたり、出しっぱなしになっていることがとても気になるのですぐに片付けたくなります。こまめに片付けるので負担が軽く、すぐに片付くので片付いた状態が維持しやすいです。なによりきれいな部屋は気分が良い!ですよね。

今回は体験プランでしたので、5時間のコース1回のみとなっておりますが、通常はトライアルプランの後に何回か継続して通うようになる場合が多いです。平均的な訪問の回数ですが、お部屋1部屋とキッチンだと5時間×3回くらい、お家全体ですと3LDKのマンションの場合は5時間×6回、一戸建てだと5時間×8〜9回くらい訪問する感じです。だいたい2週間〜3週間おきに訪問し、その都度収納ケースを買っておくとか、○○の処分をしておくなどの宿題が出ますので次回に私が行くまでに完了してもらうようにして進めていきます。

大きな金額がかかってしまうので、そんな金額とても出せない!と思われる方が多いと思いますが、1度キッチリとプロの片付け方を学びながら片付けをしてしまえば、その先一生散らかりにくく片付けやすい部屋が手に入るので(ライフスタイルの変化でメンテナンスは必要ですが)長年片付けに悩んでいる方には本当にオススメです。まずはトライアルプランでぜひプロの片付けを体験してみて下さいね♪3月は18日(金)、20日(日)、26日(土)がご予約可能です。4月以降は申し込みページにあるカレンダーをご覧下さいませ。

お申し込み・お問い合わせページはこちら。


スポンサーリンク


ヒバリ舎のInstagramでは、我が家のインテリアや雑貨などを紹介してます。良かったらフォーローしてみて下さいね!

Instagram


各種セミナー受講者募集中です!

■整理収納セミナー 受講料4,000円
2016年3月19日(土)14:00〜16:30 受付中!
2016年4月17日(日)14:00〜16:30 受付中!

■キッチン収納セミナー 受講料4,500円(ランチ付きです)
2016年4月24日(日)11:00〜13:30 受付中!

■片付けが楽になる衣類収納セミナー 受講料3,000円
2016年5月14日(土)14:00〜16:00 受付中!

複数回受講で次回から500円の割り引きがあります。
詳細はセミナーのページでご確認下さい。
http://hibarisha.com/seminar


シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン「PARIS mag パリマグ」さんに衣類収納について取材していただきました♪


北欧、暮らしの道具店さんでキッチン収納についての記事制作をお手伝いしました♪

【前編】

【後編】


スポンサーリンク


ヒバリ舎のLINE公式アカウントを作りました。
ミニコラムやお得情報を配信してます♪
誰が登録したかはこちらからはわからないので気軽に友達登録してみて下さいね!
IDは「@UMP6370W」です。


ランキングに参加しております。下のバナーをクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ 


Comment





Comment