整理

どういう部屋にしたいですか?

毎月たくさんの方から片づけについてのご相談を受けるのですが、私が大事にしているのは「最終的にどういう部屋にしたいのか」ということをイメージしてもらうこと。


スポンサーリンク


例えば「いつでも人を呼べるような部屋にしたい」が最終的な目的だとします。
まず考えて欲しいことは、「何故今は人を呼べる部屋ではないのか」です。

<例>
①洗い終わった洗濯物がいつも床やソファーに転がっているから
②ダイニングテーブルの上が書類や手紙、チラシなどの紙類や、食べたモノ、などで半分くらい埋まってるから
③子どものおもちゃが床に散乱しているから

これだと、なかなか人を呼んでおもてなしする気にはなりませんよね。

さて、問題点が明確になったことで、もっと掘り下げていきます。
方法としてはこんな感じ。

Q. なぜ、床やソファーに転がっているの?
A. 畳むのもしまうのも面倒臭いから。

ここまでくると「めんどくさくない方法を考えてみよう!」と目標が決まります。
畳むのが面倒なのであれば、ハンガー収納にしてしまえば一気に解決します。
でもハンガーをかけるスペースが取れる家ばかりではないですよね。
実は畳むのが面倒なのは、しまう収納場所の中、例えば引き出しの中がパンパンに入っていてキッチリ畳んで頑張って詰めないといけないからかもしれません。その場合は、引き出しの中のモノの量を調整してスペースに対して8割以下にまですると、ふわっと畳むだけで収納場所に入るので、それほど億劫でなくなったりします。

または「A.しまう場所がないから」なんて場合もあります。
タンスの中は「もう着ていない服」が畳んで収納されていて、いつも着ている服の定位置はソファーの上だったり、床だったり。案外ある話なのです。

目的は「いつでも人を呼べるような部屋にしたい」なので、抽象的ですよね。
でもこれを叶えるために決めていく目標は具体的なものにしていきます。
何故?で彫り上げていくと問題点が明確になるので、「着ていない服を手放す」といった風に目標が立てられるわけです。
そしてこの目標には必ず「いつまで」が入っているようにします。
「今週の土曜日までに着ていない服を選ぶ。日曜日にリサイクルに出す。」こんな感じ。

「人を呼んでおもてなししたいな〜」と漠然と思っているのなら、それを実現するためにどうしたらいいか、書き出してみて下さいね。


5月29日の読売新聞夕刊で紹介されました!
ヒバリ舎著書『「めんどくさい」がなくなる部屋づくり』好評発売中♪

「めんどくさい」がなくなる部屋づくり


ランキングに参加しております。下のバナーをクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ 


スポンサーリンク


ヒバリ舎著書『モノを探さない部屋づくり 無理して捨てないお片づけ』発売中!


モノを探さない部屋づくり 無理して捨てないお片づけ


我が家が掲載されています!片づけ特集なので読み応えありですよ♪

日経WOMAN2017年4月号


我が家がトップバッターで6ページも紹介されています!

片づけやすさと家事ラクを生む 整理&収納のコツ124 


北欧、暮らしの道具店さんでキッチン収納についての記事制作をお手伝いしました♪

【前編】

【後編】


シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン「PARIS mag パリマグ」さんに掲載していただいてます!


2017-05-31 | Posted in ブログ, お片づけコラム, 整理, 収納No Comments » 

 

病院からもらった薬を溜め込んでいませんか?

風邪をひいたりで病院へ行った時にもらう薬、最後まで飲みきってと言われてても余ってしまうこともありますよね。
片づけレッスンで伺ったお宅でも大量の薬を溜め込んでいるところが結構あります。
取っておいてる理由を聞くと、「また使うかも」や「病院になかなか行けないから」という返事のことが多いので「不安だから取っておく」モノの類だと思います。


スポンサーリンク


一般的な薬の使用期限は製造してから3年程度ということなので、私は2年を目安にして捨てるようにアドバイスをしています。また、子どもの薬の場合、体重で量や薬の種類を調節しているので特に注意が必要です。子どもはあっという間に大きくなるので半年くらいを目処に古いモノは処分しましょう。大概の方は「薬には使用期限もあるし、保管の状態によっては薬ではなく毒になったりもするので古いモノは捨てましょう」という風にお話しすると、割とスンナリ捨てられるようになります。

今ではそんなアドバイスをしている私ですが、実は過去に昔もらった薬を飲んで体中に発疹が出てしまったことがありました。大きな発疹が体中に出て痒くて痒くて、真っ赤に熱を帯びてもいたしあの時は本当に恐かった!冷やしながらしばらく大人しくしていたらだんだん引いてきて数時間でスッカリ元に戻ったのですが、一時は救急車を呼ぶ?って思うくらいの恐怖体験でした。なので、他のモノには捨てましょう!とは殆ど言わないのですが、こと薬に関しては結構厳しく捨てましょう!って言ってます。命に関わることなので。
それに「また使うかも」で捨てられず、でも実際には飲まない薬を溜め込んでいるよりは、病気になったらすぐに病院へ行く、行く時間がなければ薬局で薬を買う、という風にルールを作ってしまった方が気分が断然スッキリすると思いますよ。


ランキングに参加しております。下のバナーをクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ 


スポンサーリンク


ヒバリ舎著書『「めんどくさい」がなくなる部屋づくり』発売中!

「めんどくさい」がなくなる部屋づくり

ヒバリ舎著書『モノを探さない部屋づくり 無理して捨てないお片づけ』発売中!


モノを探さない部屋づくり 無理して捨てないお片づけ


我が家が掲載されています!片づけ特集なので読み応えありですよ♪

日経WOMAN2017年4月号


我が家がトップバッターで6ページも紹介されています!

片づけやすさと家事ラクを生む 整理&収納のコツ124 


北欧、暮らしの道具店さんでキッチン収納についての記事制作をお手伝いしました♪

【前編】

【後編】


シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン「PARIS mag パリマグ」さんに掲載していただいてます!


2017-05-11 | Posted in ブログ, お片づけコラム, 整理No Comments » 

 

お子様と片づけレッスン〜お子様への片づけ指示に「捨てちゃうよ!」は厳禁!

昨日は春から3年生になる男の子と新1年生になる女の子の可愛いお子さんに片づけ方を教えました。きちんとご挨拶もできるしっかりしたお子様で、お話も黙って真剣に聞いてくれてとてもスムーズに進みました。


スポンサーリンク


お子さんと一緒に片づけをするのは今までに何回もしてますが、小さい子の方が余計なしがらみがない分、「使っている」「使っていない」の判断は素早いです。お子様と片づけをする時のポイントは「使ってないに分けたモノも捨てたりしない」とハッキリ伝えること。捨てないから今使っているモノと、もう使っていないモノを分けてみましょう〜と言うとせっせと分けてくれます。

お母さんが言いがちなのは「片づけないと捨てちゃうよ!!」という言葉ではないでしょうか?しかもガミガミと怒りながら。これを繰り返して言ってたり、実際に捨ててしまうと、「捨てる=悪いことをした時にうける罰」のような印象をお子様に与えてしまいます。でも捨てることは罰ではありません。使うモノを使いやすく取り出すために、使わないモノを捨てるという、取捨選択作業なだけ。

あと、お子様のモノはお子様とアドバイザーだけで進めてお母さんや他の大人は口を出さない方がうまくいきます。お母さんは「使っている」「使っていない」という単純な作業を「え〜、これ誰々さんからもらったものだよね?」といった理由で取っておかせてしまったり、「こんなのファミレスでもらったのだからいらないよね?」という自分の価値観を押しつけて子どもに強制しがちなので、お子様が途中で嫌になってしまったりするのです。
以前、お子様が「いらない」と判断したモノをお母さんが後から「これはいる」と言って結局殆ど捨てられないといったことがありました。こうなってしまうと先にお子様と2人でした作業が全て無駄になってしまうので、レッスンにかかる時間もお金も無駄になってしまいます。

年長さん以上なら私と2人でしっかりレッスンできます。お子さんとレッスン中にお母さんにしておいてもらうこともきちんと伝えますのでお母さんが手持ちぶさたになることもありませんよ。

片づけ育セミナー受講生募集中!
おもちゃや衣類の整理の仕方、効果的な収納方法、お子様への声のかけ方などを学びます!

こちらのセミナーもあります!

5Dayセミナー 受講生募集中!
全5回、同じメンバーで課題をこなしながら学びます。
平日に講師自宅でのんびり学んでみませんか?
詳細はセミナーページをご覧下さい。


ランキングに参加しております。下のバナーをクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ 


ヒバリ舎著書『「めんどくさい」がなくなる部屋づくり』発売中!

「めんどくさい」がなくなる部屋づくり

ヒバリ舎著書『モノを探さない部屋づくり 無理して捨てないお片づけ』発売中!


モノを探さない部屋づくり 無理して捨てないお片づけ


我が家が掲載されています!片づけ特集なので読み応えありですよ♪

日経WOMAN2017年4月号


我が家がトップバッターで6ページも紹介されています!

片づけやすさと家事ラクを生む 整理&収納のコツ124 


北欧、暮らしの道具店さんでキッチン収納についての記事制作をお手伝いしました♪

【前編】

【後編】


シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン「PARIS mag パリマグ」さんに掲載していただいてます!


スポンサーリンク



2017-04-02 | Posted in ブログ, お片づけコラム, 整理, 収納No Comments »