収納

お菓子の缶はお菓子を入れるためのもの

先日、缶に入ったクッキーを夫が実家からもらって帰って来ました。
昔の私だったらこの缶を「何かに使えるかも!」とウキウキしながら取っておいたと思いますが、今はそういう気にはまったくなりません。
それはその缶が何かに使えることはないということを体験を通して学んだから。


スポンサーリンク


整理収納アドバイザーの資格を取った年に、私は家中の大整理をしました。
その時に「何かに使えるかも」と思って取っておいて結局何にも使われずに保管だけされていた缶や瓶が大量に出て来て、それらを捨てながら心底ウンザリしたのです。

結局のところ、お菓子の缶は中身のお菓子を入れる目的で作られたモノであってそれ以外の何かではないのだな〜と。可愛い缶(カファレルのとかやっぱり可愛くてトキメクし!)を取っておきたくなる気持ちはわかるけど、収納用品として作られているわけではないので、収納用品としては使いにくいのは当たり前。
もちろん、偶然引き出しの仕切りにピッタリのサイズだった!という時もあるでしょうが、そんなことがいつでもあるわけもなく。そもそも仕切りが欲しいなら仕切りとして売られている商品を購入した方が使い勝手の良いモノが買えますよね。

こういう自分の意志とは関係なく家に入って来るモノは忙しい時は特にそのまま家の中に放置してしまいがちです。取っておくことよりも捨てるという行為の方が手間がかかるのでどうしてもそうなってしまうのですが、だからこそ予め「缶のお菓子をもらったらすぐにお菓子を缶から出して缶は不燃ゴミに入れる」といったルールを作ってしまって、サッサと捨てる方がいいです。
「何かに使えるかもしれないものを捨てるなんてもったいない」という考えから「何にも使えないモノを保管している空間の方がもったいない」に変わっていけば、必ずスッキリした部屋を作れますよ。


5月29日の読売新聞夕刊で紹介されました!
ヒバリ舎著書『「めんどくさい」がなくなる部屋づくり』好評発売中♪

「めんどくさい」がなくなる部屋づくり


ランキングに参加しております。下のバナーをクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ 


スポンサーリンク


ヒバリ舎著書『モノを探さない部屋づくり 無理して捨てないお片づけ』発売中!


モノを探さない部屋づくり 無理して捨てないお片づけ


我が家が掲載されています!片づけ特集なので読み応えありですよ♪

日経WOMAN2017年4月号


我が家がトップバッターで6ページも紹介されています!

片づけやすさと家事ラクを生む 整理&収納のコツ124 


北欧、暮らしの道具店さんでキッチン収納についての記事制作をお手伝いしました♪

【前編】

【後編】


シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン「PARIS mag パリマグ」さんに掲載していただいてます!


2017-08-22 | Posted in ブログ, お片づけコラム, 整理, 収納No Comments » 

 

おもちゃの収納は○○収納が基本です

小さなお子様のおもちゃ、どういう風に収納していますか?
いつでも床に出しっぱなしになっている場合、おもちゃの量もそうですが、実は収納方法に問題がある場合が多いのです。


スポンサーリンク


ここで少し思い浮かべてほしいのですが、子どもの遊び場(児童館など)や、保育園、幼稚園ではおもちゃはどのように収納されているでしょうか?
そうです、棚にきちんと並んで入っていますよね。そして棚にはおもちゃを表すラベルがついていることも多く、子どもが視覚的に片づけ場所がすぐにわかる工夫がされています。何がどこに置いてあるかが一目瞭然なので、子どもがすぐにやりたかった遊びができますね。

さて、家庭でのおもちゃ収納はどうでしょうか?よくあるのが大きなカゴにドサッと収納する方法。これはポンポン入れるだけで一見すぐに片付く方法のように思えますが、子どもからしたら欲しいおもちゃがすぐに見つからないので、結局カゴをひっくり返して全部出す、となりがち。全部出すと片づける時に遊んでいなかったおもちゃも片づけなければいけないので、それって無駄な労力ですよね。また、この方法は収納されている時におもちゃが乱雑に重なりあうので痛んだり壊れたりも頻繁におこります。

棚収納のメリットをまとめると下記のような感じ。

①目的のおもちゃを見つけやすい
②掃除が容易
③重なり合ったりしないのでおもちゃが痛まない
④飾るように美しく収納することも可能。

娘が3歳の頃の娘の部屋です。かれこれ11年も前になるんですね、早いなぁ〜。
遊んでいる最中なのでぬいぐるみが散らかっていたりしてますが、棚収納なので何のおもちゃがどこにあるのかすぐわかりますよね。ちなみにこちらの棚は私が作りました。かなりしっかりした作りの棚なので、今でも本棚として我が家で使われています。子どもの家具だからと言って安価なこども家具を買ってしまうと、壊れてしまったり、デザインが幼すぎて大きくなると恥ずかしかったりで、長く使うことができません。しっかりとした素材で大人になっても使えるようなデザインの棚を選んだ方が、後々まで長く使えるので長い目で見ると結局お得な気がします。

可愛いのでもう1枚載せちゃう(親バカですみません…)

この頃はもちろん整理収納アドバイザーとしての仕事はしておりませんでしたが、ちゃんと棚収納してて偉いな〜、と自画自賛(笑)でも今ならもう少し減らすかな。

ヒバリ舎のクライアント様にもおもちゃ収納は棚が基本です!と色々な棚をすすめてますが、お値段お手頃なのは無印良品のユニットシェルフ、あとはunicoやMOMO naturalをよく入れてます。参考まで。

余談ですがこの写真の頃、子どものおもちゃ、特にヨーロッパの良質な木のおもちゃにはまっておりまして、自分の家にあるおもちゃ紹介ブログを運営してました。かなり気合いを入れてレビューしていたし、ヨーロッパの木のおもちゃは不変なので今でも参考にされてるみたい。嬉しいものですね。


5月29日の読売新聞夕刊で紹介されました!
ヒバリ舎著書『「めんどくさい」がなくなる部屋づくり』好評発売中♪

「めんどくさい」がなくなる部屋づくり


ランキングに参加しております。下のバナーをクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ 


スポンサーリンク


ヒバリ舎著書『モノを探さない部屋づくり 無理して捨てないお片づけ』発売中!


モノを探さない部屋づくり 無理して捨てないお片づけ


我が家が掲載されています!片づけ特集なので読み応えありですよ♪

日経WOMAN2017年4月号


我が家がトップバッターで6ページも紹介されています!

片づけやすさと家事ラクを生む 整理&収納のコツ124 


北欧、暮らしの道具店さんでキッチン収納についての記事制作をお手伝いしました♪

【前編】

【後編】


シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン「PARIS mag パリマグ」さんに掲載していただいてます!


2017-06-02 | Posted in ブログ, お片づけコラム, 整理, 収納No Comments » 

 

どういう部屋にしたいですか?

毎月たくさんの方から片づけについてのご相談を受けるのですが、私が大事にしているのは「最終的にどういう部屋にしたいのか」ということをイメージしてもらうこと。


スポンサーリンク


例えば「いつでも人を呼べるような部屋にしたい」が最終的な目的だとします。
まず考えて欲しいことは、「何故今は人を呼べる部屋ではないのか」です。

<例>
①洗い終わった洗濯物がいつも床やソファーに転がっているから
②ダイニングテーブルの上が書類や手紙、チラシなどの紙類や、食べたモノ、などで半分くらい埋まってるから
③子どものおもちゃが床に散乱しているから

これだと、なかなか人を呼んでおもてなしする気にはなりませんよね。

さて、問題点が明確になったことで、もっと掘り下げていきます。
方法としてはこんな感じ。

Q. なぜ、床やソファーに転がっているの?
A. 畳むのもしまうのも面倒臭いから。

ここまでくると「めんどくさくない方法を考えてみよう!」と目標が決まります。
畳むのが面倒なのであれば、ハンガー収納にしてしまえば一気に解決します。
でもハンガーをかけるスペースが取れる家ばかりではないですよね。
実は畳むのが面倒なのは、しまう収納場所の中、例えば引き出しの中がパンパンに入っていてキッチリ畳んで頑張って詰めないといけないからかもしれません。その場合は、引き出しの中のモノの量を調整してスペースに対して8割以下にまですると、ふわっと畳むだけで収納場所に入るので、それほど億劫でなくなったりします。

または「A.しまう場所がないから」なんて場合もあります。
タンスの中は「もう着ていない服」が畳んで収納されていて、いつも着ている服の定位置はソファーの上だったり、床だったり。案外ある話なのです。

目的は「いつでも人を呼べるような部屋にしたい」なので、抽象的ですよね。
でもこれを叶えるために決めていく目標は具体的なものにしていきます。
何故?で彫り上げていくと問題点が明確になるので、「着ていない服を手放す」といった風に目標が立てられるわけです。
そしてこの目標には必ず「いつまで」が入っているようにします。
「今週の土曜日までに着ていない服を選ぶ。日曜日にリサイクルに出す。」こんな感じ。

「人を呼んでおもてなししたいな〜」と漠然と思っているのなら、それを実現するためにどうしたらいいか、書き出してみて下さいね。


5月29日の読売新聞夕刊で紹介されました!
ヒバリ舎著書『「めんどくさい」がなくなる部屋づくり』好評発売中♪

「めんどくさい」がなくなる部屋づくり


ランキングに参加しております。下のバナーをクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ 


スポンサーリンク


ヒバリ舎著書『モノを探さない部屋づくり 無理して捨てないお片づけ』発売中!


モノを探さない部屋づくり 無理して捨てないお片づけ


我が家が掲載されています!片づけ特集なので読み応えありですよ♪

日経WOMAN2017年4月号


我が家がトップバッターで6ページも紹介されています!

片づけやすさと家事ラクを生む 整理&収納のコツ124 


北欧、暮らしの道具店さんでキッチン収納についての記事制作をお手伝いしました♪

【前編】

【後編】


シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン「PARIS mag パリマグ」さんに掲載していただいてます!


2017-05-31 | Posted in ブログ, お片づけコラム, 整理, 収納No Comments »