ブログ

置き場所決まってますか?DM、チラシ、必要な手紙

毎日ポストの中にはダイレクトメールやチラシ、クレジットの明細など色々なものが入っています。
さて、それをお家の中に持ち込んだ時に、それぞれの保管場所は決まっていますか?
これが決まっていないお宅が本当にたくさんあって、ではどこに置かれているかというと、玄関にカウンターがあればそこ、無い場合はダイニングテーブルの上か、キッチンのカウンターの上です。
とりあえずバサッと置くのでどんどんたまっていきます。
たまると分別が面倒になるので見て見ぬふりをするようになり更にたまります。悪循環ですね。

こうならないために、最初からきちんと置き場所を設定しましょう。
我が家の場合、ポストから家に着くまでに内容を確認しチラシとその他でわけます。チラシは家に入ったらすぐに紙用の分別ゴミ箱にポイです。
DMとその他お手紙類はいったんレターケースに入れます。


場所はキッチンのカウンター下にDIYした棚の上で、いちばん通路側に置いてます。帰って来てからの動線上にあるところがポイントです。
置き場所を設定したのに、そこに戻せないという場合は置き場所の位置が悪いからです。自分が家の中でどういう行動を取っているのか一度じっくり考えてみるとおのずと置き場所が決まります。

レターボックスが2つあるのは、私と夫ので分けているから。娘宛のモノは私が管理しています。他、ハサミが収納されていますが、これは手紙の封を切るためです。使う場所にあれば戻すのも簡単なので出しっ放しがグッと減ります。オレンジ色のは「ダンちゃん」というダンボールを開封するための専用道具。カッターのように鋭利なところがないのにガムテープがさくさく切れます。Amazonなどで買い物することが多く、しゅっちゅうダンボールが届く我が家には必需品です。Amazonで買えます。作業効率が半端なくあがるのでぜひ!


長谷川刃物 カッター 段ボール用 ダンちゃん キャップ付き DC-191C

レターボックスに入れられた手紙は未処理の状態です。開封して処理をしたらまた他の場所に移動するかゴミ箱へ。ですので、ここにあると未処理ということだとわかります。このように家の中に正しいルール(正しくないのがダイニングテーブルに置くです)が決まっているとすごく楽になるのでぜひ考えてみて下さい。


2019年に開催する3つのセミナーの受講生を募集中です。

書店の他、全国のコンビニで発売されました!
フルカラー、写真満載でわかりやすいと評判です。
kindle版はただ今unlimitedで読めますよ〜☆

片付けから卒業するざっくり1分収納術 (ぶんか社ムック)


読売新聞夕刊で紹介されました!
ヒバリ舎著書『「めんどくさい」がなくなる部屋づくり』好評発売中♪

「めんどくさい」がなくなる部屋づくり


ヒバリ舎著書『モノを探さない部屋づくり 無理して捨てないお片づけ』発売中!


モノを探さない部屋づくり 無理して捨てないお片づけ


スポンサーリンク



2019-01-18 | Posted in ブログ, 収納, ライフハックNo Comments » 

 

掲載誌のお知らせ &home vol.60

本日発売の&home vol.60 に「ストレスフリーなLDKのつくり方」として我が家のリビング、キッチンなどを6ページ掲載していただいてます!

写真も文章もページのデザインも本当にとても良くって読み応えのある記事になってます。
他にもたくさんの素敵な家と、インテリアプランツのことなどお家づくりに役立つことが満載でした!
どうぞお手にとってご覧下さいませ。

去年の8月にここの家に越して来てから初の撮影なので
私にとっても思い出に残るものとなりました。
&homeの発行元であるエフジー武蔵の岩崎さんは
「整理&収納のコツ124」という本で杉並の時の家も紹介して下さっていて
我が家を撮影していただいたのはその時が初だったので
岩崎さんとは「初」のご縁があるようです。
今後はなかなか「初」はないと思いますが
また一緒にお仕事ができたら嬉しいです。


&home(アンド・ホーム) vol.60 (MUSASHI BOOK)

 

装丁の美しい本は飾って楽しみたい

装丁が気に入って購入する本があります。 それらは本棚にしまいこんでいては味気ないので 積極的に飾るようにしています。

本を飾るのには無印良品の壁に付けられる家具が便利です。 奥行が浅いので壁に立てかけた時のバランスがとても良い。 これが写真立てだと万が一落ちてガラスが割れたら一大事ですが 本なので落ちたとしてもなんともないし。 これはRARI YOSHIOさんの本。 表紙を見た瞬間欲しい!ってなったお気に入りの本です。

この黄色い本はCINQさんが作られた「アンティ・ヌルメスニエミについての小さな本」です。コーヒーポットをイメージした装丁デザインは全部で5色あります。他の色も集めたいな〜。


クリスマスシーズンはこちらの本を飾るようにしています。世界中で愛されるアンデルセン童話の名作「モミの木」。 イラストはマリメッコのテキスタイルデザイナー、サンナ・アンヌッカです。 数年前にお客様からいただいた本で、とっても大事にしています。

Pinterestなどで海外のお部屋の写真を見ると雑誌を上手に飾っているのをよく見かけます。私も今年はやってみたいな。