ブログ

ヒバリ舎引越し遍歴 〜多摩ニュータウンの家編

この記事は引越し遍歴の5軒目です。
4軒目の家はこちら


やっと今の家です。高井戸→武蔵野市①→武蔵野市②→三鷹市→多摩ニュータウンとヒバリ舎が始まってから5軒目の家になりました。
引っ越しの理由は「娘の大学の近くに住むため」でした。
三鷹市の家からですとバス→私鉄→JR→バスと乗り継がないといけないため、乗り継ぎのタイミングによっては片道3時間くらいかかってしまうのです。
そのためなかなか良かった三鷹市の家から泣く泣く1年半での引っ越しとなりました。

多摩ニュータウンの家(4LDK 110㎡くらい)

ここの家に決まるまで半年くらい家探しをしました。
条件としては、何よりも広さ重視。
夫がテレワークなので仕事部屋が欲しい
私の仕事部屋もいる
美大生の娘はキャンバスとか巨大な作品が多いので広い部屋がいる
更にギターだの手芸用品だのロードバイク(自転車)にキャンプ用品だのとモノがめちゃくちゃ多い!!
広さを妥協しちゃうと高井戸→武蔵野市の引越しの悪夢再びになっちゃいますし、ここは譲れませんでした。
なので最低でも3LDKで80㎡以上が条件となりました。
で、これがもう全然広い家がないのです。
(家賃が高いところならありますよ、35万とか!)

最初は小田急線沿線で探していたので、探し始めた頃はのんきに世田谷区の梅ヶ丘あたりから神奈川方面に向かって一駅ずつ街を見ながら物件探しをしてました。
そのうち成城学園前に住みたいマンションを見つけて空かないかずっとチェックしてたのですが結局空かず…。新百合ヶ丘の辺りも大分探しました。急な坂を登ったり下りたりが辛かった…。玉川学園も同じ感じで登ったり下りたり。町田では契約一歩手前までいった一軒家もありましたが、内見の際に近隣の環境に不安に思うところがありやめました(隣人トラブルはもうこりごりなので)
本厚木くらいまでいったところでこれ以上離れると都内に出るのが大変だなと思い、京王線に変更しました。

あと、今回UR賃貸をやめて民間の賃貸にしようと思って探したのですが、広い家は2〜3年の定期借家(転勤留守宅とか)が多く、最低でも4年暮らせないと困るため定期借家はパス。すると途端に物件数が少なくなります。そしてあった!と思ってもすぐに無くなってしまうのです。1月〜3月の物件の動きの速さマジすごいです。みなさん内見もしないで決めちゃうんですね…

見つからなすぎて、だんだん疲れてきて、大学からそんなに近くはないけど多摩ニュータウンなら広い部屋もあるし、物件数も豊富だからそのうち空くだろうと、ここならいいかって団地に不動産屋さんに条件を伝え「空いたら連絡下さい」ってしていったん探すのをやめたのが3月。その後、もう入学もしちゃった4月過ぎにやっと連絡がきて、多摩ニュータウンの某団地に引っ越しすることができたのでした。

そんなこんなで2022年のゴールデンウィークに今の家に引っ越して来ました。
とりあえずだいぶ広いです。3人家族で4LDKだし。
内見の時は「ひろーーい!」ってだいぶ舞い上がりました。
でも広さ以外はイマイチ。
今まで暮らしてきたUR団地と比べていちいちボロいんです。
床暖房も浴室乾燥もウォシュレットすらなく(自分でつけたけど)かろうじてキッチンがシステムキッチンだったのが良かったくらい。
入居前の掃除もなんだか適当で入居後泣きながら色々なところを掃除しました…
南西向きなのに陽当たりがあまりよくないところも嫌なところ。
このところ寒さがヤバくて、でも光熱費も爆上がりなので、せっかく独立した仕事部屋があるのにみんなでリビングに集まって仕事しててなんだかなーです。

このように設備や内装には不満が結構多いのですが、広い分、インテリアは楽しめるし、観葉植物も増やせるし、周囲の環境はすごくいいので、良いところ悪いところ半々くらいな感じです。

葉っぱがもりもり
キャビネットの上にあったテレビを見ないのでなくしました(和室に移動)
12年ぶりに和室のある家になりました


というわけで、ヒバリ舎引越し遍歴も(今のところ)終了です。
とりあえず娘が大学卒業するまではここの家にいると思います。
2016年の8月に1回目の引越しをしてから2022年の5月までの6年のあいだに4回も引越しをしちゃってほんとバカな話なのですが、でも引越しってほんと面倒だし大変なのでよく頑張ったよなーとは思います、うん。

さて、隣人トラブルから予期せぬ引っ越しになり
コロナ禍もあってだいぶバタバタしちゃったけれど
やっと暮らしが落ち着いてきたので
久しぶりに自宅セミナーを開催することにしました。

私はヘラヘラちゃらちゃらしてるけど、一応仕事はちゃんとしてきたので(笑)、教えられることが案外たくさんあります。
その中でも私ならではかな〜ということを題材にしたセミナーにしました。
どうぞ気軽な気持ちでご参加下さいませ。


さてさて、引越し遍歴の5軒のうち4軒までもがURの団地です。
次回はURの団地について掘り下げてみようと思います!


2023-02-07 | Posted in ブログNo Comments » 

 

ヒバリ舎引越し遍歴 〜三鷹市の家編

この記事は引越し遍歴の4軒目です。
3軒目の家はこちら


とにかく隣人から離れたかったので、すぐ引っ越せるならどこでもいいわ〜とやさぐれながら探したわりにはなかなか快適な家でした。
コロナ禍ど真ん中だったこともあり、家に友人を呼ぶこともなく、自宅セミナーもしなかったし、取材などもオンラインばかりで(実際に撮影が入ったのは1回だけだったような?)ちょっと寂しかったですね。
2020年の10月に引っ越して2022年の5月まで1年6ヶ月だけしか暮らせなかったけれど、仕事をセーブしていたしフルリモート勤務の夫もずっと家にいたので、楽しい思い出が多い家になりました。

三鷹市の家(2LDK +納戸 83㎡くらい)

2LDKでしたが83㎡もあってリビングがとても広く、新しめの団地だったこともあり、床暖房、浴室乾燥、システムキッチン、ウォシュレットはバッチリ。南西の角部屋でベランダも広く、浴室に大きな出窓もあって、さらにこれが1番便利だったのですが、洗面所が2カ所あったのがコロナ禍においては最高でした。

手洗い用の洗面所 右のガラスドアがトイレ

収納も各部屋以外に広めのウォークインタイプの納戸が廊下にあり、ダイニングにも大きな収納があったので、モノが多い我が家でもモノを出さないで収納できる家でした。

キッチンが独立タイプだったこともありスッキリとしたダイニング

この家でもDIYで収納を作りました。
洗面所に収納が無かったので大きめの棚収納を作ったり、

広めの寝室にパーテーションをDIYしてテレワークになった夫のスペースを作ったり

リビングの一角をアイアンのラブリコを使って区切り私のアトリエを作ったりしました。

ソファーの後ろをアトリエにしてました

広くて日当たりが良かったので、観葉植物がどんどん増えて、ベランダでは野菜を育てちゃったり、なんだかんだでなかなか楽しく暮らしていたので、大学進学で引っ越すのがみんなだんだん嫌になってきてました。

紫蘇がコスパ良し。トマトはイマイチでした。

そこでなんとかここから通えないかな〜と色々考えたのですが、大学まではバス→京王線→JR→バスと乗り継がないといけなくて、下手すると片道3時間かかるし、定期代も月に3万超えとかになっちゃうのでさすがにバカらしくて諦めました。あ、うちの娘に一人暮らしをさせるなんて怖いことは端から考えてません。家を燃やすか水浸しにさせるかゴミ屋敷になるかのどれかには必ずなるようなやつなのです。

気に入ってる点が多い家だったのですが、近くのスーパーがイマイチだったのとキッチンが対面式ではく独立タイプだったので自炊のモチベーションがだだ下がりし、料理好きの私が料理をあまり作らなくなってしまったことは家族にとってはかなり嫌なことだったみたいです。家のそばに美味しいご飯屋さんやファミレスがあんがい充実してたのでデリバリーや外食が多かったかなーと思います。特にランチはいつも外で食べてました。
あと、中央高速がわりと近かったので空気もイマイチ悪かったみたい。嫌な感じの咳がだいぶ長いこと治まりませんでした。これは次の家に引っ越したら治ったので空気がきれいかどうかは健康にかなり直結しているのだなと改めて思いました。

次の家へ引っ越した当初はまた大学が終わったら三鷹に戻ろうね、とか言ってたのですが、スーパーがイマイチなのと空気が悪いという点がネックになり、なんだかんだでもうここに戻ることは無さそうです。
ちなみに隣人からのクレームなど一度もありませんでしたよ。

そんなこんなで娘は無事に大学に進学できることが決まり、次の住まいを2021年の10月頃から探し始めたのですが、これがめちゃくちゃ難航したのでした。(引越4回目)

キッチンはこんな感じ。対面キッチンじゃなくて私には使いにくかったです。
毛糸を使った作品作りを始めたのもこの家

次はいよいよ今の家です。なんだかんだでまたしてもUR団地です。
こちらをクリック!


スポンサーリンク


2023-02-06 | Posted in ブログNo Comments » 

 

ヒバリ舎引越し遍歴 〜武蔵野市の家その②編

この記事は引越し遍歴の3軒目です。
2軒目の家はこちら


後先考えず思いつきで行動する悪いクセで狭さに困り果てるようになった時、偶然見つけた同じ建物内の広い家!
うっきうっきで引っ越した私と夫(と巻き込まれる娘)に待ち受けていた試練とは…

それは隣人トラブル!!!

この家からカーペットを敷き詰めるようになりました

武蔵野市の家その②(3LDK 76㎡+外部トランクルーム)

ここの家は南西の角部屋だったので、5階の時よりも更に陽当たりがよくなりました。部屋も1部屋増えて+トランクルームが共有廊下についていたので、狭さ問題はスッカリ解決。周囲の環境は元々気に入っていたし、部屋も良かったので、娘が大学入学で神奈川県の某市(※)の方に家族で引っ越す予定にしていた2022年の春まではここに住んでいるつもりでいました。
(※内部進学なので大学の場所はわかってた)

ですが、予期せぬ隣人トラブルで2020年の10月にまた引っ越すことに(涙)
トラブルの内容についてはオフィシャルなブログではさすがに書けないので、本当は書き殴りたい気持ちをグッと抑えて楽しかったことだけ書きます。

たくさんの人がこの家に来てくれました

広くなったので、自宅セミナーも頻繁に開催してました。お友達もたくさん来てくれたし、雑誌やムック本などの取材もとても多く、ヒルナンデスに出演したのもここの家でした。

玄関にバイクラックと大きな壁面収納をDIYしてバイクグッズを収納
&homeさんに取材してもらいました。ライターは栗ちゃん!すごく気に入ってます!

キッチンもL型からI型の対面キッチンに戻りました。とても料理がしやすかったので、しばらく休んでいたパン作りやお菓子作りを再開してたくさん作っていました。また、冷蔵庫を置くスペースの横にドアがあり、洗面所の方に抜けられたので、家事動線もすごく良かったです。

キッチンにも壁面収納をDIYで作ってました

一部屋増えたことで私の仕事部屋も作ることができました。好きなようにインテリアを整えられたのでお気に入りの空間でした。カーキ色のブラインドも気に入ってました。ここの部屋はキッチンのすぐ横で、間仕切りの開き戸をオープンにしていたので、料理をしながら仕事ができたりとめちゃくちゃ便利でした。

私の仕事部屋 インコはこの部屋にいますね

このように、良いことだらけの家だったのですが、結局ここの家には2年と2ヶ月しか住めませんでした。しかもそのうちの10ヶ月くらいはコロナ禍と大規模修繕と隣人トラブルが重なりだいぶストレスフルな毎日になってしまったので、良い時と悪い時との落差が激しい家という感じです。と言っても家自体には全く問題ないので返す返す残念ですね。

ESSE onlineでも詳しく紹介してもらいました!

次は三鷹市の家です!またしてもUR団地です。
こちらをクリック!


スポンサーリンク


2023-02-05 | Posted in ブログNo Comments »