ブログ

飾らないキッチン プラダンで作る収納グッズ

ちょうど1週間前の2月26日(火)日テレ系列のヒルナンデス!という番組に出演いたしました。「プロのキッチン覗くンデス」というコーナーです。
「誰でも簡単に真似できる収納の達人」と紹介されたのですが、放送内でプラダンで作った収納グッズを大きく取り上げられたので、すっかりプラダンの人になっております。

スポンサーリンク



ヒルナンデス!での紹介だと不十分な点も多々あったので、補足としてプラダンで作る収納グッズについてこちらでも詳しく紹介していきますね。

まず、私が使用しているプラダンですが、ヤマコーさんの厚さ5mmのプラダンです。Amazonで購入していたのですが現在残念ながら品切れになってしまいました。


【アウトレット特価30枚入POP・アートに最適】プラダンシート 白色 幅260mm ×長420mm 厚5mm

お近くにホームセンターがある場合は、厚さ4mmのプラダンが売ってると思います。畳一帖くらいの大きさで300円程度とかなり安いので車があるご家庭ならホームセンターで購入するのが良いと思います。
あとは、東急ハンズでも4mmのプラダンが売っています。

私がプラダンで何かを作ろうと思った理由は、カトラリーを収納するケースでサイズがピッタリなものがなかなか見つからなかったから。プラダンという存在は以前からこどもが工作で使っていたので知っていましたし、無いなら作ってしまえばいいや!ってなったのです。そのあたりのことはこちらのブログ記事で詳しく書いております。

キッチン収納 エレクターを使ったキッチンボードその2
https://hibarisha.com/archives/7759

プラダンはプラスチックなので水をはじきます。なので水を使うキッチンで使う素材として優秀です。洗面所にも同じ理由で良いと思います。汚れてもサッと水拭きすればOK。耐久性も高いです。

私はキッチンの収納用品の見た目にはあまり拘っておりません。ピッタリサイズのカトラリーケースを探す時間や労力を考えるとさっさとプラダンで作ってしまった方が良い。
キッチンで拘るのは利便性や機能性。なので詰め替えも極力したくないです。
ぶっちゃけ、冷蔵庫の中の見栄えなんてどうでもいいです。取り出しやすくてしまいやすいを優先させたら、牛乳パックにカバーなんていらないです。

収納用品にお金をかけるより、調理道具にお金をかけたい。収納に手間をかけるより美味しい料理を作ることに労力を使いたいです。
私の場合「自分で何かを作る」ということの敷居が低いのでプラダンで収納用品作ってしまうの方が手っ取り早くて安上がりなわけですね。

ちなみに番組で演者さん達が作ったボックスは、番組用に作りました。このボックスはYouTube用にもいくつか作ったので今我が家はプラダンボックスだらけになっております。娘のコピック入れにでもしてもらおうかな。

キッチンでプラダンで作ると便利だったのは、カトラリーのケースや冷蔵庫の中のミニケースとか冷凍庫の仕切り、あとドアポケットにくっつけたたケースと、ファイルボックスですね。ファイルボックスは結構丈夫だし、マステを可愛く貼ればなかなか良い感じになるので、作るのおすすめです。
またYouTubeに作り方をアップしておきますね!

プラダンボックスの作り方はYouTubeにアップしてあります。
そちらで厚さ5mmの場合の図面をダウンロードできるようにしておきましたので良かったらダウンロードして使ってみて下さいね。


カトラリーを収納するのに作ったケースの作り方はこちら。
これが基本の作り方です。

このように自由自在に区切ることができます

冷凍庫で使ってる仕切りはこちら。


スポンサーリンク

現在下記のセミナーで受講生を募集しております。
(日付順で表記)

<渋谷で開催>
3月26日(火) ③「好き」から始める部屋づくり
3月30日(土) ②「めんどくさい」がなくなる部屋づくり
4月13日(土) ①モノの整理と収納セミナー
5月11日(土) ③「好き」から始める部屋づくり

<講師自宅開催(武蔵野市)>
4月20日(土) ④暮らしを楽しむモノ選び
5月17日(金) ④暮らしを楽しむモノ選び

詳細はセミナーページをご覧下さいませ。

お申し込み、お問い合わせはこちらから。


1人暮らしの方へ
1人暮らし特化型お部屋作りサービス「doudou(ドゥドゥ)」を2018年12月にオープンしました。訪問コンサルティングとオンライン型サポートサービスを提供しております。
訪問サービスはこちらから。

オンライン型サポートサービスはこちらから。


2019-03-05 | Posted in ブログNo Comments » 

 

「ヒルナンデス!」で紹介されたピラーブラケットを使う壁面収納の作り方について【注意喚起】

先日(2月26日火曜日)ヒルナンデス!という番組に出演いたしました。
「プロのキッチン覗くンデス」というコーナーです。
たくさんのご感想をいただき、概ね好評のようでほっとしております。

番組で私が作った壁面収納と「壁面収納の作り方」について紹介されたました。そこでピラーブラケットを上下につけると紹介されていたのですが、我が家では上部にしかつけてません。

私は壁面収納の作り方について番組スタッフから一切質問されておらず、作り方を放送するということも知らされていませんでした。
つまり、番組で我が家の壁面収納の作り方として放送されたものは私は全く関知していないものです。

ピラーブラケットを上下につけてしまうと大変危険ですので、私が作った壁面収納とピラーブラケットについてもう少し詳しく説明しますね。

ピラーブラケットを使用した壁面収納

番組内で紹介されたのはこの写真中央の壁面収納です。
この壁面収納はピラーブラケットというツーバイフォー木材に取り付けることで天井と床を突っ張らせて柱を作ることができるブラケットを使って作られています。

ピラーブラケット

ピラーブラケットはツーバイフォー材の上部、天井に当たる部分にのみ取り付けます。下には取り付けません。下にも取り付けてしまったらうまく突っ張ることができないだろうし、無理に突っ張っても安定しないですよね。1枚目の写真でも上部にしか取り付けていないのがわかると思います。これがメーカーが正しい取り付け方として伝えている使い方です。

ピラーブラケットを取り付けたところ


番組終了後、ピラーブラケットのオンラインショップのページに
下記のようにメーカーの方が記載して下さいました。

※ピラーブラケットは2×4材の上部にのみ取付けます。
つまり、柱1本に対してピラーブラケット 1コ使用です。
お間違いなきようご注文くださいませ。


ピラーブラケットはとても良い製品です。
どうぞメーカーが案内している正しい使い方でのご使用をお願いいたします。
間違えた使用方法で事故や怪我をされる方が現れないように切に願います。

ピラーブラケットについては過去のブログ記事もあります。

【DIYパーツ!PILLAR BRACKET(ピラーブラケット)で柱を立てればなんでもできる!】
https://hibarisha.com/archives/5066

<追記>
ヒルナンデス!の番組プロデューサーの方とやり取りさせていただいて、本日(3月7日)番組ホームページに下記のように記載されました。

①柱となる2×4木材を2本用意して、ピラーブラケットをつけてネジで固定する。
※番組では上下につけてご紹介しましたが、達人のお宅では上部のみにつけて使用しております。
取り付ける天井・床の状態によりますが、一般的には安定性の面を鑑み、天井側にブラケットをはめることを推奨いたします。

http://www.ntv.co.jp/hirunan/tuesday/index.html









2019-03-02 | Posted in お知らせ, ブログNo Comments » 

 

キッチン収納 エレクターを使ったキッチンボードその2

前回の続きです。
前回の記事はこちら。

今回はカウンターから下の部分を紹介していきます。

スポンサーリンク

キッチンボードの下部分

カウンターから下部分には棚板を1枚入れているだけで、空間を大きく取り、そのスペースに無印良品のポリプロピレンケースを入れて食材を収納しています。

カウンター下は左2列がカトラリー、順に「お弁当箱類の入った引き出し」「お弁当袋が入ったボックス」「お菓子を入れている布製ボックス」です。

カトラリー収納

カトラリーの収納には無印良品の「ポリプロピレンケース引出式・薄型・2段」というケースを使っています。これがなかなか曲者でピッタリの仕切りが長い間見つからなくて、中途半端に仕切ってみては使いにくさを感じていました。
そこで思いついたのがプラダンを使ってケースを自作する方法です。

プラダンを使った仕切り

今ではこのように入れるモノとケースにピッタリ合わせて仕切れています。
取り出しやすくてしまいやすい、何がどこにあるか一目瞭然。
プラダンは水にも強いため、水拭き可能で清潔に保ちやすいところもポイント。
私はAmazonで5mmのプラダンを購入しています。


【アウトレット特価30枚入POP・アートに最適】プラダンシート 白色 幅260mm ×長420mm 厚5mm



youtubeにこちらのケースの作り方をアップしておりますので
気になる方は見てみて下さいね!

次に、カトラリー類が収納されている棚の下のオープンスペース(1番目の写真参照)について紹介していきますね。

無印良品の「ポリプロピレンケース・引出式・深型」を11個使用しています。
右端の1番上にあるのはこれも無印良品の「重なるブリ材長方形バスケット・小」です。ここは根野菜を収納しています。
横にあるファイルボックスはゴミ袋が入っています。

ケースの中はこんな感じです。

小さな引き出しで小分けにすることで、食材を分類して収納することが容易にできます。浅い引き出しなので立てて収納するのにもちょうど良く、何がどこにあるかすぐにわかるため賞味期限切れも防げます。
右側写真にチラッと写ってますが、仕切りにショップ袋を利用しています。小さめのショップ袋は箱状にして仕切るのにちょうど良いのです。これはクライアント宅でモノの分類をしていざ収納する時に手頃なケースが無い場合、仮のケースとしてもよく作ります。私はこの場所に見栄えを求めていないのでショップ袋で全く気になりません。汚れたら捨てて作り直せば良いので気楽だし。

特に見栄えを考える必要が無いと判断したところはこんな感じで、ゆるーい収納なのですが、「取り出しやすい」「見つけやすい」「お手入れ簡単」がクリアされているのでとても快適です!

今後もキッチン周りの収納について紹介していきます。
youtubeの「kototo channel」の方で動画で紹介していくのがメインになっていきますので、そちらを楽しみにしていて下さいね。
第一弾として、シンク周りの動画をアップしています。
更新のお知らせが届くのでチャンネル登録をお願いいたします!


スポンサーリンク


現在下記のセミナーで受講生を募集しております。
(日付順で表記)

<渋谷で開催>
3月8日(金)  ①モノの整理と収納セミナー
3月12日(火) ②「めんどくさい」がなくなる部屋づくり
3月26日(火) ③「好き」から始める部屋づくり
3月30日(土) ②「めんどくさい」がなくなる部屋づくり
4月13日(土) ①モノの整理と収納セミナー
5月11日(土) ③「好き」から始める部屋づくり

<講師自宅開催(武蔵野市)>
4月20日(土) ④暮らしを楽しむモノ選び
5月17日(金) ④暮らしを楽しむモノ選び

詳細はセミナーページをご覧下さいませ。

お申し込み、お問い合わせはこちらから。


1人暮らしの方へ
1人暮らし特化型お部屋作りサービス「doudou(ドゥドゥ)」を2018年12月にオープンしました。訪問コンサルティングとオンライン型サポートサービスを提供しております。
訪問サービスはこちらから。

オンライン型サポートサービスはこちらから。




2019-02-26 | Posted in ブログ, 整理, 収納No Comments »