ブログ

ヒバリ舎引越し遍歴 〜武蔵野市の家その①編

この記事は引越し遍歴の2軒目です。
最初の家はこちら


この家から団地暮らしがスタートしました。
UR賃貸なのですが、古い団地を建て直して新しくなっていたので、私たちが住んでいた建物は、システムキッチン、床暖房、浴室乾燥、ウォシュレットなど、設備面はとっても充実してました。
周辺の環境は、昔からある団地なので広大な敷地に大きな木々がわさわさと植わっており、さながら公園の中に暮らしているよう。向かいに建物もなく、5階の南向きの部屋は一日中明るくて、高井戸時代の暗くて空気の悪い環境からしたら天国のようでした。ある一点を除いては。

リビングダイニング10帖くらい

武蔵野市の家その①(2SLDK 66㎡くらい)

それは狭さ!

ここの家は2SLDKで、リビングダイニングの他に2部屋と3帖くらいのサービスルームがあるという間取りでした。高井戸が3LDKだったのでだいぶ狭くなるのはわかっていたのですが、内見の時に周囲の環境を気に入りまくってしまったのでどうしても引っ越したくなり、整理収納アドバイザーになって2年目くらいのノリノリの時期でもあったので「不要なモノのないスッキリとした家づくり」をすれば平気だろう!と思って強行。これがそもそもまずかった。

案の定、引越した日は家具で埋もれて寝る場もない!みたいな状況になりました。これどうにかなるのかな…と途方にくれましたが、そこは私も片づけのプロ!2週間くらいでなんとか頑張って普通に暮らせる状態に。そのうちに「狭くても快適!」みたいな発信をしたりなんかして、しばらくは嘘じゃなくほんとに快適に暮らしてました。
この家で、書籍の話をいただいて2冊出版されました。

引っ越して1年半くらいした頃、お客様宅に自転車で行きたい!と血迷ったことを突然思いつき、よせばいいのにクロスバイク(ちょっとスポーティな自転車)を買いました。その時に何故か夫も便乗して購入したので2人でクロスバイクでウロウロしてるうちに楽しくなってきてロードバイク(更にスポーティーな自転車)が欲しくなり、夫婦で購入。なんということでしょう、家の中に置く自転車が一気に4台に!(※こういうスポーツ系の自転車は外に置けない)
これが当然だけどえらい邪魔。
夫の趣味のギターも増えていて、さすがににっちもさっちもどーにも!いかなくなり、引っ越しを考え始めた頃、同じ建物の2階に3LDKの部屋が空いているのを発見したのです。
もうこんなの即決するでしょ。5階から2階に引っ越すだけだし、ここで困ってたのは「部屋が狭い」ことだけだったから。
URはUR間での引っ越し手続きがめちゃくちゃ楽なので、何も不安に思うことなく引っ越すことに決めました(引越2回目)

今思えば、ここの団地めちゃくちゃ人気が高くて空き部屋なんてめったに出ないはずなのにポンと空いたことにもう少し慎重になるべきでした。
まさかあんなトラブルに巻き込まれるとはーーー!(続く…)

右奥がキッチン。L型のシステムキッチンでした。
シューズボックスが無くてDIYでオープン収納棚を作ってました
洗面所に収納が無かったのでDIYでオープン収納棚を作りました

次は同じ建物の2階編です。
こちらをクリック!


スポンサーリンク


2023-02-04 | Posted in ブログNo Comments » 

 

ヒバリ舎引越し遍歴 〜高井戸の家編

ヒバリ舎として整理収納の仕事を始めてから今年で9年目。
その間に4回引っ越しをしました。


今までの家は全て本や雑誌、テレビなどに登場しているので、見るたび「内山さんまた引越してるわー」って思っている人も少なからずいるのではないでしょうか。
クライアントの方々には大変迷惑な感じで申し訳ございません…。
自分でもどうしてこーなった!と思うところもあるので、アドバイザーの資格を取った杉並区の家から、現在の多摩ニュータウンの住まいまで、5つの住まいについてどんな家だったのか、何故引越したのかなど振り返ってみることにしました。
読みたい人がいるのかどうか不明ですが、間違いなく長くなるので連載にしたいと思います。

そんなわけで、まずは高井戸の家から!
(※高井戸の前にも文京区①→文京区②→横浜市青葉区→横浜市港北区と引っ越してましておおよそ25年の間に9回引越しをしてます)

高井戸の家(3LDK 72㎡くらい)

この頃はまだカウンター下はDIYの棚ではなく無印良品のユニットシェルフですね

ここの家に暮らしている時に整理収納アドバイザー1級の資格を取りました。
2014年の9月頃だったと思います、多分。
(メールを遡ってみたら東京58期でした)
ここの家は内装がとても可愛くてそこはすごく気に入っていたのですが、1階で日当たりがめちゃくちゃ悪いのとバス通りに面していて空気がものすごーく悪く、喘息も悪化しちゃったので環境の良いところに引っ越したい…という気持ちが強くなり、娘が中学に入学した年の夏休みに武蔵野市にあるUR団地に引っ越しました。(引越1回目)

高井戸の家が紹介されている本です。
色々な場所が6ページにわたって紹介されてます

片づけやすさと家事ラクを生む 整理&収納のコツ124 

ここの家ではお友達にセミナーの練習をさせてもらってから、赤ちゃん連れOKのセミナーなど自宅開催のセミナーを頻繁に開催していました。
この頃のセミナーに参加してくださった方から企業様でのセミナー講師として依頼してもらえたり、初めての本の出版にも繋がりました。
この家がヒバリ舎の原点ですね。

娘の小さい頃のおもちゃを置いてお子様が遊べるようにしました

WebメディアのPARIS magさんに取材していただいた記事もあります!
ここの家はクローゼットがすごく使いやすかったです。
クローゼットはウォークインじゃない方が好きです。

次は武蔵野市のUR団地編です。
こちらをクリック!


スポンサーリンク


2023-02-04 | Posted in ブログNo Comments » 

 

スチールラック収納のプロになる!〜収納提案力アップ講座( 講師宅開催)

こちらのセミナーは整理収納アドバイザーやライフオーガナイザーなど片づけ関連の資格をお持ちの方向けの講座です。
セミナー終了後にランチ会を開催しますので、アドバイザー同士の交流の場としてもご活用下さい(自由参加です)
ランチはワンプレートランチをご用意いたします。

<直近の開催情報>
2023年
3月30日(木)
セミナー10:00〜12:30
ランチ会12:45 〜14:00

4月26日(水)
セミナー10:00〜12:30
ランチ会12:45 〜14:00

エレクターを使ったキッチン収納

■セミナー内容
スチールラックは特別な工具を必要とせず誰でも簡単に組み立てることができるとても便利な商品ですが、収納スペースの大きさや形状を考慮し、収納するものの目的に合わせて最適な形にスチールラックを組むには、やはりそれなりの知識が必要です。このセミナーを受講することで自由自在にスチールラックを使った収納ができるようになります。

私がとくに得意としているのはエレクター株式会社の商品です。
エレクター社の商品は98年から家でもたくさん使ってましたし2017年の2月にホームエレクターアドバイザーになってからはエレクター社様と直接取引ができることもあってお客様にたくさんの商品をオススメしてきました。
おかげさまで販売セールスで全国1位に3回なり、全国で2人しかいないゴールドアドバイザー(※2023年よりエレクター仕様変更によりHEAD制度が変わりゴールドがなくなりました)として自信を持って収納提案をしてきました。

53期HEADトップセールスアワード2017-2018で最優秀賞
52期HEADトップセールスアワード2016-2017で銀賞
52期下期、53期上期、53期下期と連続でHEAD販売インセンティブ1位を受賞

ワードローブと本棚を一体化させたりも。

スチールラックにはエレクター以外にもルミナスラック(ホームセンターで売ってることが多い)やアイリスオーヤマのメタルラックがあります。
組み立て方はほぼ同じですが、各社サイズが違うので収納スパースによって入るモノ入らないモノがあったりしますし、材質の違いもあります。
この辺りのことを知識としてきちんと入れておくと、収納の提案に説得力が出るのでプロとしての引き出しを増やしたい方に特にオススメのセミナーとなっております。

■開催場所
講師自宅(最寄り駅 京王相模原線 南大沢駅)

■受講料
8,800円(税込)※ランチ無しで帰られる場合でも同じ金額です

■タイムスケジュール
開場 10:00
自己紹介 10:05〜10:15(10分)
座学 10:15〜12:15(120分)※途中10分程度の休憩をはさみます
質疑応答 12:15〜12:30(15分)
ランチ交流会 12:45 〜14:00
退場14:10
※終了時間は多少前後することがございます。

■定員5名(参加者が1名でも開催が決定となります)


【セミナーお申し込み方法】
お申し込み・お問い合わせページからお申し込み下さい。
フォームよりお申込み後、講師より直接返信のメールを差し上げます。
返信メールにて受講料のお支払い方法をお送りいたします。
受講料はお申し込みから3日以内にお振り込み下さい。

【キャンセルについて】
受講料お振り込み後の返金は不可となります。
急な用事や体調不良などの場合は別日開催に振り替え受講ができます。

連結させる方法にも2種類あります

スポンサーリンク