日々の雑記, インテリア・雑貨, ブログ

装丁の美しい本は飾って楽しみたい

装丁が気に入って購入する本があります。 それらは本棚にしまいこんでいては味気ないので 積極的に飾るようにしています。

本を飾るのには無印良品の壁に付けられる家具が便利です。 奥行が浅いので壁に立てかけた時のバランスがとても良い。 これが写真立てだと万が一落ちてガラスが割れたら一大事ですが 本なので落ちたとしてもなんともないし。 これはRARI YOSHIOさんの本。 表紙を見た瞬間欲しい!ってなったお気に入りの本です。

この黄色い本はCINQさんが作られた「アンティ・ヌルメスニエミについての小さな本」です。コーヒーポットをイメージした装丁デザインは全部で5色あります。他の色も集めたいな〜。


クリスマスシーズンはこちらの本を飾るようにしています。世界中で愛されるアンデルセン童話の名作「モミの木」。 イラストはマリメッコのテキスタイルデザイナー、サンナ・アンヌッカです。 数年前にお客様からいただいた本で、とっても大事にしています。

Pinterestなどで海外のお部屋の写真を見ると雑誌を上手に飾っているのをよく見かけます。私も今年はやってみたいな。


Comment





Comment