日々の雑記

一緒に暮らす家族の趣味や大切にしているモノを尊重する

我が家は私も夫も娘も「好きなモノ」がハッキリしています。みんな自分のやりたいことがあるので、同じ時間に家にいてもそれぞれの場所でバラバラに好きなことをしています。でも家族仲はとても良いです。


スポンサーリンク


仲良しでいる秘訣は「人の大切にしているモノやコトに(なるべく)口を出さない」ということと、「自分の気持ちを伝えてよく話し合う」ということだと思います。

夫の趣味のギターを例にしてみます。

夫は毎日ギターを弾くのでリビングの一角を夫のギターコーナーにしました。
手前にあるソファーに座りながらヒョイッと手に取れるし、戻すこともできる位置にギターがあるのがポイント。

ギターは写真のFender以外にもあるのですが、他のギターは寝室の方に置いてもらっています。リビングにズラッと並んでいると「そっとインテリアに溶け込む」からは離れてしまうからです。ここは私の意見を尊重してもらいました。他にもMarshallのアンプの色を黒ではなく白にしてもらったり、ギターの色も白にしてもらったのですが、グレードを下げるとか性能が下がってしまうようなことにはならないようにしました。お互いが歩み寄って気持ちよくできるラインをすりあわせる感じです。

Kartellのコンボリビニにはギターの弦や掃除用品などメンテナンス道具が入っています。ちなみに籐のカゴの中身はテレビのリモコン。うちでは普段夫しかテレビを見ないのでこの位置です。

ギターの横にあるAVボードの上にピックを収納しています。毎日使うピックを引き出しなど出すのに手間が少しでもかかる方法で片づけてしまうと片付けが苦手な人は「出しっ放し」にしてしまうので、出しっぱなしでも嫌な気持ちにならない方法で収納するようにします。我が家はこの「出しっ放しでも嫌な気持ちにならない収納」を多用しています。ピックはまず小さい木製の入れ物に入れてから、トレーの上に載せる&植物をアクセントにすることでインテリア雑貨として成立させています。

と、このように置いてあるだけでおしゃれなインテリアから外れていきがちなエレキギターというものでも、工夫次第でリビングに置いてあっても違和感なく溶け込ませることができるのですね〜。

何というか、ギターを飾りで置いてあるだけというのではなく、ちゃんと趣味として使っている場合は、ギター以外にもエフェクターやらアンプやらストラップやらピックやら掃除道具やらケーブル類やら必要な道具は山ほどあるのです。それらを邪魔だと言ってしまい込んでしまうと、結局「出しっ放し」になり、結果「イライラする〜!!!」になるので、ちゃんと使う人の立場になって考え、話し合って、出しっ放しにならないいしインテリアも素敵!ってなるような収納を考えるといいと思います。

あと、あんまり見た目がかっこよくない本の収納の仕方なんかもあるのですがまたこの話は別の機会に。


書店の他、全国のコンビニで発売されました!
フルカラー、写真満載でわかりやすいと評判です。

片付けから卒業するざっくり1分収納術 (ぶんか社ムック)


読売新聞夕刊で紹介されました!
ヒバリ舎著書『「めんどくさい」がなくなる部屋づくり』好評発売中♪

「めんどくさい」がなくなる部屋づくり


ヒバリ舎著書『モノを探さない部屋づくり 無理して捨てないお片づけ』発売中!


モノを探さない部屋づくり 無理して捨てないお片づけ


スポンサーリンク



 

明日から12月!我が家のカレンダーのこと。

日めくりカレンダーをめくり「30」という数字を見て、あぁ明日から12月なんだなぁとしみじみ。


スポンサーリンク


我が家は前に遮るものがない南西向きの角部屋なので日中は日がさんさんと差し込み、おかげで今日の室温も26度!この室温だとなかなか年末気分にはなりませんがそうは言っても現実として明日から12月なわけで、否が応でも師走へ向けて臨戦態勢を取らねばなりません。カレンダーもそろそろ来年のものを用意しておかなくては。冒頭に出てきた日めくりカレンダー(Max365)は日めくりなので「来年の」というものではありませんが我が家にある他のカレンダーは当然残り1枚になっているのです。

我が家の今年のカレンダーはこの3つでした。

D-BROSさんのタイプフェイスカレンダー。
こちらは毎年買い続けているのですが、毎年「書体」が変わります。書体でだいぶ雰囲気が違うのが面白く、来年はどの書体かな〜という楽しみがあります。2018年は「Avan Garde」でした。サンセリフ系書体の代表格ですね。来年は「Clarendon」というフォントで、セリフ体のフォントです。今年のとはだいぶ印象が変わりますね。


2019 D-BROS タイプフェイスカレンダー Clarendon クラレンドン (壁掛け)

D-BROSさんのカレンダーは毎年ずっとROLL 12も購入していたのですが販売しなくなってしまったようで…こちらも毎年デザインが変わり楽しみだったのになぁ。

こちらの記事で2015年の時のを紹介してますね。

 

こちらは天然生活の付録カレンダーです。
昨年ちょうどこの付録のカレンダーがつく号でお仕事をさせていただいたので献本にカレンダーがついていてラッキー!キッチンにつけているのですが小ぶりなサイズ感がちょうど良く、二十四節気、七十二候、月の満ち欠けなどなど読む楽しみもありイラストも可愛いという。付録でこれはかなりすごい!!天然生活さんから今年もお声が掛かれば…と密かに期待しておりましたが残念ながら叶わず。天然生活はKindle Unlimitedで読めるので雑誌では購入していないのですがカレンダー目当てで今回は購入したいと思います。


天然生活 2019年1月号
こちらの号にカレンダーが付いています。

 

このカレンダーも購入するものではなくオルネ ド フォイユさんのノベルティです。3,000円以上の購入で翌月のカレンダーをいただけるシステム。私は吉祥寺のオルネ ル マルシェで買い物をよくするので大概の月でいただいてたのですが、なんと12月のはもらいそびれてしまい…悲しい。12月になったら1月のカレンダー目当てですぐさま買い物に行きたいと思います。ちなみにリピ買いしているコーヒー豆と洗剤で3,000円超えるので余計な買い物はしてないつもり。

あと、先週SAML.WALTZ(サムエルワルツ)さんで購入した勝山八千代さんのカレンダーが来年は仲間入りします。

どこに飾ろうかな。


書店の他、全国のコンビニで発売されました!
フルカラー、写真満載でわかりやすいと評判です。

片付けから卒業するざっくり1分収納術 (ぶんか社ムック)


読売新聞夕刊で紹介されました!
ヒバリ舎著書『「めんどくさい」がなくなる部屋づくり』好評発売中♪

「めんどくさい」がなくなる部屋づくり


ヒバリ舎著書『モノを探さない部屋づくり 無理して捨てないお片づけ』発売中!


モノを探さない部屋づくり 無理して捨てないお片づけ


スポンサーリンク



 

ル・クルーゼから柳宗理のステンレス鍋へ

ル・クルーゼの鍋を買ったばかりの頃。かれこれ20年くらい前になるのでしょうか。我が家に泊まりに来ていた母から「こんな重たい鍋、やだわ〜」と言われ「料理がすっごく美味しくなるすごい鍋なんだよっ!!」ってムキになって言い返したことがありました。


スポンサーリンク


ル・クルーゼは特に煮込み料理が得意で、煮崩れしないのに中が柔らかくなるので、最初にル・クルーゼで肉じゃがを作った時は「じゃがいもの形がちゃんと残ってるのに柔らかい!!」と、それはそれは感動したものでした。自分の料理の腕が急にあがったように感じて、もう一生ル・クルーゼを使うんだろうな〜って思っていました。

<白のココットロンド 22cm>

ところがここ何年かで、あの時の母の気持ちがわかるようになってきたのです。まさに重たくて嫌だって思っている私がいるのです。

私が使っている22cmのココットロンドの重量は3.5kg、27cnのオーバルの重量は4.2kg、片手鍋ですら2.2kgあります。やはりどうひいき目に考えても重い、ずっしり重い。しかもこれは空の時の重さです。ここにオーバルなら水2リットルとか入ってしまうわけで、そしたら合計6キロ超えですから。

これが若くて元気な頃なら料理が美味しくできることに加えて「見た目の可愛さ」というテンションがあがる要素もあるため、重たいという欠点より利点が勝っていたのですが、五十路も近づくとこの重さがズシッと文字通り響いてきてしまい、だんだん使うのが億劫になってきたのです。手首も痛いし、腰も痛いし、筋力も低下してきているので持ちきれずにうっかり足の上にでも落としたりしたら…考えただけで恐ろしい!!!

<モスグリーンのオーバル27cm、チェリーレッドの片手鍋18cm、柳宗理の鍋>

最初に毎日使う鍋から脱落したのはチェリーレッドの片手鍋でした。
これで毎日スープやお味噌汁を作っていたのに、柳宗理のステンレスの片手鍋が3年くらい前にその座を奪っていきました。柳宗理の鍋がまたすごく使いやすいのです。スープ類だったらもうこれで問題ありません。しかも見た目もシンプルでなかなか素敵なのです。

そしてついに今年モスグリーンのオーバルとホワイトのココットロンドが脱落しました。今年頂いたお肉のカタログギフトの中に「黒豚ブロック+柳宗理の鍋」というギフトがあったのです。ルクルーゼの重さにくたびれていた私は、迷わずこれをチョイス。ほどなくして鍋は黒豚ブロックと共に届きました。そして豚の角煮を作ってみたところ…すごく美味しい!!何も問題なく、普通に美味しかったのです。

さてステンレス鍋を1度使ったが最後、その軽さが楽で楽で、しかも3層の鍋はなかなか優秀で煮物も美味しくできるため、もう使うのに気力と体力が必要なルクルーゼは使わなくなってしまいました。悲しいけれど寄る年波には勝てないということですね。

片手鍋は今後もジャムやコンフィチュールを作るのにはかかせないので使うと思うけど、ココットロンドとオーバルはもう多分殆ど使うことはないと思います。でも、私にとってこの鍋は色々な思い出をたーーーっぷり含んでいる思い出の品。当然捨てたりはしません。もしかしたら娘が使うかもしれないし、大切に保管しておこうと思います。

さて、ル・クルーゼですが、かなり重くて大変扱いにくい鍋だけど料理は間違いなく美味しくできるし、なんと言っても可愛い!ルクがコンロの上にあるだけで、気分がかなりあがります。だから重いのもなんのその!若いうちならなんの問題もなく使えます。なので、20代の方が「重そうだからな〜」って迷っているのでしたら20年くらいは余裕で大丈夫!なのでおすすめしますよ。20年も使える鍋ってそうそうないしね。



ルクルーゼ ソースパン ホーロー 鍋 IH 対応 18cm チェリーレッド 2507-18-06

3人分のスープやちょっとした煮物を作るのにちょうど良い大きさ。ジャムやコンフィチュールにもばっちりです。


柳宗理 ステンレス・アルミ3層鋼 片手鍋 18cm つや消し 日本製

とても軽いので扱いやすい。毎日のお味噌汁はこれでばっちり!


柳宗理 ステンレス・アルミ3層鋼 浅型両手鍋 22cm つや消し 日本製
火加減を考えないと煮崩れしちゃうけど、でもなかなか良い感じに煮込む料理ができます。IHにも対応。


書店の他、全国のコンビニで発売されました!
フルカラー、写真満載でわかりやすいと評判です。

片付けから卒業するざっくり1分収納術 (ぶんか社ムック)


読売新聞夕刊で紹介されました!
ヒバリ舎著書『「めんどくさい」がなくなる部屋づくり』好評発売中♪

「めんどくさい」がなくなる部屋づくり


ヒバリ舎著書『モノを探さない部屋づくり 無理して捨てないお片づけ』発売中!


モノを探さない部屋づくり 無理して捨てないお片づけ


スポンサーリンク