ライフハック

見せる収納テクニックその1 色や材質を統一させる

私は家事に時間をかけたくないのでモノがパッと一手間で取れる「見せる収納」を多用しています。


スポンサーリンク


「見せる収納」はようするに出しっ放しということなのですが、何も考えずに置いてあるわけではなく、出しっ放しでも「不愉快にならない」「ごちゃごちゃしない」「かっこよく見せる」を意識しています。でもこれが案外難しい。

なので、今日から何回かにわけて私なりに試行錯誤しながら生み出したテクニックを紹介していこうと思います。

第1回目の今回は、

「見せる収納テクニックその1  色や材質を統一させる」です。

こちらが我が家のキッチンボードです。食器、オーブンレンジ、コーヒー、紅茶の道具、写真には写ってませんが下は食品が収納されています。今回の話にはあまり関係ないのですがよく聞かれるので先に書いておくと、このオーブンレンジはamadana(アマダナ)というブランドの商品で、もう廃盤になってしまっているので購入できません。取っ手が天然木のオーク材、扉を開けると液晶パネルが青く光るというかっこよさで、オーブンとしても優秀なので壊れてほしくないなぁ。
いちおうブランドサイトにはまだ掲載されていたのでリンク載せておきますね。

さて、ここで注目してもらいたいのは「食器」の部分です。わりとたくさんの食器が並んでいますが、色を白、黒、ブルー、グレー、に抑えてあり、材質にも統一感を持たせています。なので、ごちゃごちゃした印象になりません。
ピンクや赤やイエローの食器も好きだし、木製のお椀もありますが、それらは吊り戸棚の方にしまってあります。吊り戸棚なので扉を開けるという動作が加わりますから、やはり使用頻度が少し低くなるのですが、気持ちや時間に余裕がある時は使うのでOK。
吊り戸棚内の食器(一部)はこちら。

写真を見た感じでもオープン部分の食器収納より少しごちゃごちゃした印象になってますね。

もちろん、色々な色や素材をミックスさせて可愛く置くということも可能ではあるのですが、ちょっとうるさい印象にはなると思います。なので、色は例えば黒と白と他1色か2色にするって決めてしまうと楽にスッキリした印象を作れます。
あと、材質と形にも少し気を配ってあげるといいです。例えば陶器(土もの)の器がたくさんあるのなら、和食器をメインに見せる収納にした方がバランスが取れます。我が家は洋食器の方が多いので、和食器はほぼ吊り戸棚の中です。

次回は「見せる収納テクニックその2 デザイン性の高い道具を使おう!」です。


書店の他、全国のコンビニで発売されました!
フルカラー、写真満載でわかりやすいと評判です。
kindle版は半額セール中で270円ですよ〜☆

片付けから卒業するざっくり1分収納術 (ぶんか社ムック)


読売新聞夕刊で紹介されました!
ヒバリ舎著書『「めんどくさい」がなくなる部屋づくり』好評発売中♪

「めんどくさい」がなくなる部屋づくり


ヒバリ舎著書『モノを探さない部屋づくり 無理して捨てないお片づけ』発売中!


モノを探さない部屋づくり 無理して捨てないお片づけ


スポンサーリンク



2018-12-04 | Posted in ブログ, 整理, 収納, ライフハックNo Comments » 

 

一緒に暮らす家族の趣味や大切にしているモノを尊重する

我が家は私も夫も娘も「好きなモノ」がハッキリしています。みんな自分のやりたいことがあるので、同じ時間に家にいてもそれぞれの場所でバラバラに好きなことをしています。でも家族仲はとても良いです。


スポンサーリンク


仲良しでいる秘訣は「人の大切にしているモノやコトに(なるべく)口を出さない」ということと、「自分の気持ちを伝えてよく話し合う」ということだと思います。

夫の趣味のギターを例にしてみます。

夫は毎日ギターを弾くのでリビングの一角を夫のギターコーナーにしました。
手前にあるソファーに座りながらヒョイッと手に取れるし、戻すこともできる位置にギターがあるのがポイント。

ギターは写真のFender以外にもあるのですが、他のギターは寝室の方に置いてもらっています。リビングにズラッと並んでいると「そっとインテリアに溶け込む」からは離れてしまうからです。ここは私の意見を尊重してもらいました。他にもMarshallのアンプの色を黒ではなく白にしてもらったり、ギターの色も白にしてもらったのですが、グレードを下げるとか性能が下がってしまうようなことにはならないようにしました。お互いが歩み寄って気持ちよくできるラインをすりあわせる感じです。

Kartellのコンボリビニにはギターの弦や掃除用品などメンテナンス道具が入っています。ちなみに籐のカゴの中身はテレビのリモコン。うちでは普段夫しかテレビを見ないのでこの位置です。

ギターの横にあるAVボードの上にピックを収納しています。毎日使うピックを引き出しなど出すのに手間が少しでもかかる方法で片づけてしまうと片付けが苦手な人は「出しっ放し」にしてしまうので、出しっぱなしでも嫌な気持ちにならない方法で収納するようにします。我が家はこの「出しっ放しでも嫌な気持ちにならない収納」を多用しています。ピックはまず小さい木製の入れ物に入れてから、トレーの上に載せる&植物をアクセントにすることでインテリア雑貨として成立させています。

と、このように置いてあるだけでおしゃれなインテリアから外れていきがちなエレキギターというものでも、工夫次第でリビングに置いてあっても違和感なく溶け込ませることができるのですね〜。

何というか、ギターを飾りで置いてあるだけというのではなく、ちゃんと趣味として使っている場合は、ギター以外にもエフェクターやらアンプやらストラップやらピックやら掃除道具やらケーブル類やら必要な道具は山ほどあるのです。それらを邪魔だと言ってしまい込んでしまうと、結局「出しっ放し」になり、結果「イライラする〜!!!」になるので、ちゃんと使う人の立場になって考え、話し合って、出しっ放しにならないいしインテリアも素敵!ってなるような収納を考えるといいと思います。

あと、あんまり見た目がかっこよくない本の収納の仕方なんかもあるのですがまたこの話は別の機会に。


書店の他、全国のコンビニで発売されました!
フルカラー、写真満載でわかりやすいと評判です。

片付けから卒業するざっくり1分収納術 (ぶんか社ムック)


読売新聞夕刊で紹介されました!
ヒバリ舎著書『「めんどくさい」がなくなる部屋づくり』好評発売中♪

「めんどくさい」がなくなる部屋づくり


ヒバリ舎著書『モノを探さない部屋づくり 無理して捨てないお片づけ』発売中!


モノを探さない部屋づくり 無理して捨てないお片づけ


スポンサーリンク



 

スパイラルチューブでコードやケーブルのごちゃごちゃを解消!

以前、テレビ裏の配線周りをワイヤーネットでスッキリさせるという記事を書きました。この方法はテレビの裏という普段は見えない場所には有効ですが、そうではない場所でコードやケーブルがごちゃごちゃしてしまった場合はスパイラルチューブを使ってまとめてしまうとスッキリします!


スポンサーリンク


私がずっと気になっていた場所はここ。
仕事用デスクの下なのですが、プリンターを載せているワゴンの後ろに少し隠れてはいるもののやはりごちゃっとした感じは否めず。

ワゴンを動かすと下の写真のような状態で、掃除もしにくく、埃がここにたまってしまうけどルンバを走らせるわけにもいかないという面倒な場所になっていました。コードを隠すボックスも全然役に立っていません…。

 

さて、スパイラルチューブとはなんなのかと言いますと、↓写真のコレです。
100円均一でも売っているので見たことがある方も多いかと思います。くるくるとコードに巻き付けていくことで複数のコード類を束ねることができるアイテムです。

このスパイラルチューブを使ってコード類をまとめたところ、

このようにスッキリ!!!

スパイラルチューブはコード類をどの位置からでも追加したり外したりできるところも便利です。

床に落ちているコード類が無くなったので掃除もしやすくなりました。こんなに変わるならもっと早くしておけば良かったです!

スパイラルチューブは100円均一でも売っていると先ほど書きましたがやはり品質はあまりよくないし、長さも短い感じ。また、巻き付けるのは結構手間がかかるので、品質の悪いモノを購入して途中でやぶれたりしてはガッカリ。ものすごく高いものではないし、買い換えが必要になるものではないので、品質の良いものを購入しておくと安心だと思います。Amazonでも購入できましたが、RSコンポーネンツでは色や太さの違う様々なスパイラルチューブを取り扱っていたのでとても参考になりました。最適な太さのことなど、少しわかりにくい商品なので、わからない点はカスタマーサービスに問い合わせできる点も良いですね。いちどご覧になってみてはいかがでしょうか。

更に、このスパイラルチューブ、コード類を囓ってしまうペット(ハムスターやうさぎ、インコなど)を飼っている人にもとっても役立つアイテムなのです!
それはまた別記事で書きますね。


11月16日に監修したムック本が発売されました!
フルカラー、写真満載でわかりやすいと評判です。

片付けから卒業するざっくり1分収納術 (ぶんか社ムック)


5月29日の読売新聞夕刊で紹介されました!
ヒバリ舎著書『「めんどくさい」がなくなる部屋づくり』好評発売中♪

「めんどくさい」がなくなる部屋づくり


ヒバリ舎著書『モノを探さない部屋づくり 無理して捨てないお片づけ』発売中!


モノを探さない部屋づくり 無理して捨てないお片づけ


スポンサーリンク